オンラインヘルプ

本ページは「デスクトップは物置ではありません。」のヘルプページです。本ソフトの使用方法は簡単ですが、操作するに際いくつかポイントがありますので、それらを中心にヘルプ項目を用意します。

以下では「デスクトップは物置ではありません。」を本ツールと略しします。

  1. タスクトレイでの操作
  2. 設定
  3. パスワード保護
  4. 警告
  5. 使い方のヒント
  6. インストールの方法
  7. アンインストールの方法
  8. 完全アンインストール

「デスクトップは物置ではありません。」の基本操作

 タスクトレイでの操作

本ツールを起動した際にはタスクトレイにアイコンが表示されるだけです。

一番左の赤いアイコンが本ツールのアイコンになります。

本ツールのアイコンをダブルクリックすると以下のように青色のアイコンに変化します。


赤色のアイコンは本ツールがデスクトップを監視している状態を示します。青色のアイコン時は監視を停止している状態です。

タスクトレイアイコンを右クリックすると以下のメニューが表示されます。画面右側のダイアログは他ツールのものですので、無視してください。



  • デスクトップを監視する
    タスクトレイアイコンをダブルクリックするのと同じ操作になります。選択の有無が、デスクトップを監視/停止している状態です。
  • 設定
    本ツールの設定ダイアログを表示します。
  • パスワード保護
    本ツールの使用時に状態を変更する操作をした場合にパスワードを求めるか設定します。パスワード保護ダイアログを表示します。
  • バージョン情報
    本ツールのバージョンと共に、本ツールを公開しているWebサイトと本ヘルプを開くリンクが表示されます。

  • 終了
    本ツールを終了します。

 設定

本ツールでは設定ダイアログで「デスクトップのお約束」と「約束を破ったときの通知方法」「監視方法」を指定します。


お約束では

  • デスクトップ上に置けるファイル数およびファイルサイズを指定できます。
  • その際にショートカットおよびフォルダ内のファイルを無視する設定も可能です。

通知方法では

  • ダイアログを表示する
  • アラームを鳴らす

の2つの方法が選べます。

監視方法では

  • 監視間隔を分数で指定できます。

 パスワード保護

本ツールではパスワード保護を有効にすることで、設定を含む状態の変更をできなくすることが可能です。


指定例を示します。


パスワード保護を指定すると本ツールのほとんどの処理を実行する際にパスワードを求めます。


パスワードを求めるタイミング

  • 監視状態の変更
  • 設定ダイアログの表示
  • パスワード保護
  • 本ツールの終了

 警告

警告では「ダイアログを表示する」および「アラームを鳴らす」を選択できます。

ダイアログを表示する


約束が守られなかった場合に表示されます。このダイアログは「再検査」ボタンを押して約束が守られていることを確認するまで閉じることができません。

アラームを鳴らす

約束が守られなかった場合に音声としてアラームが鳴ります。アラームはタスクトレイアイコンをクリックすることで一時的に止められますが、約束が守られるまで鳴り続けます。

 使い方のヒント

アラームとして指定できる音声ファイルの種類

音声ファイルとして、*.wav, *.mp3, *.wma, *.mid が指定できます。

段階的なデスクトップの整理

まず始めは「ショートカットを除外する」のチェックは外し、「サブフォルダは除外する」チェックをしましょう。

一度に両方を指定することは利用者にとって敷居が高いと思います。

警告の通知方法

「ダイアログを表示する」をチェックし「常に最前面に表示する」もチェックしましょう。

こうすることで再検査に合格するまで、デスクトップ上に(邪魔な)ダイアログが表示され続けます。利用者もデスクトップを整理し始めるでしょう。

アラームも同時に指定することをお勧めします。

第三者のデスクトップを整理する

自身ではなく、家族や同僚にデスクトップを整理させる目的で本ツールを使用することが出来ます。その際にはパスワードを設定しておきましょう。

ダイアログ閉じる・アラーム止めるためには「デスクトップを整理する」「設定ダイアログで内容を変更する」しか方法はありません。

パスワード保護している場合は、利用者がパスワードを知らないと「デスクトップを整理する」しか方法はなくなります。

ウィンドウズ起動時に本ツールを起動する

この指定も効果的です。設定ダイアログの「Windowsの起動時にデスクトップの監視を実行する」をチェックしてください。

 インストール

難しく考えないでください。

企業での利用では制約があるかもしれませんが、ご自身のパソコンにインストールするのは非常に簡単です。

まず本ツールには「32bit版」「64bit版」「通常圧縮版」の3種類のインストーラが用意されています。「32bit版?64bit版?圧縮版?ってなんだ?」と悩むのも嫌で「とにかく使えればいい」という方は32bit版インストーラを使ってください

インストールしている間はインストーラからの簡単な問い合わせに答えていけばOKです。本ツールでは最後の「インストール」ボタンまで、ずっと「次へ」を押しておけばいいです。他のプログラムなどインストールしません。

もし自宅のパソコンでインストール権限が無い場合には、インストーラ無しの「通常圧縮版」をご使用ください。圧縮ファイルを展開することができれば適切な場所(おまかせします)にフォルダ毎(ここ大事)本ツールを置いてください。

32bit版と64bit版の対照表を書いておきます。

ファイルタイプ 32bit版 Windows 64bit版 Windows
64bit版インストーラ ×
32bit版インストーラ
通常圧縮版

 アンインストール

インストーラを使ってインストールした方は、Windows の「プログラムの追加と削除」または「プログラムのアンインストール」に 「デスクトップは物置ではありません。」という項目が出来ているはずです。その項目を選んで「アンインストール」してください。

通常圧縮版を使った場合は、展開した際に配置した「デスクトップは物置ではありません。」 をフォルダ毎まとめて削除してください。

 完全アンインストール

作者である私もそうですが、アンインストールしても「まだゴミが残ってるんじゃないの~?」と気になる方へ。

はい!残っています。%AppData%\nao4u\KeepMyDesktopCleanをフォルダ毎削除してください。

具体的な例として、Windows Vista 以降 7, 8 では

 C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\nao4u\KeepMyDesktopClean

となります。

ちなみにレジストリには一切書き込みをしていません。積極的に使ってはいないという意味です。 受動的に Windows が勝手に書き込む分はどうしようもないので諦めていただくのが正解かと思います。