オンラインヘルプ

本ページは「iTunes おやすみタイマー」のヘルプページです。本ソフトの使用方法は簡単ですが、いくつか操作する際のポイントがありますので、それらを中心にヘルプ項目を用意します。

  1. インストールの方法
  2. アンインストールの方法
  3. おやすみタイマーの基本操作
  4. おはようタイマーの基本操作
  5. 使い方のヒント
  6. 完全アンインストール

 インストール

難しく考えないでください。

会社だと色々制約があるかもしれませんが、自宅のパソコンにインストールするのは非常に簡単です。

まず本ツールには「32bit版」「64bit版」「圧縮版」の3種類のインストーラが用意されています。「32bit版?64bit版?圧縮版?」なんて悩むのも嫌で「とにかく使えればいい」という方は32bit版インストーラを使ってください

インストールしている間はインストーラからの簡単な問い合わせに答えていけばOKです。ぶっちゃけ本ツールでは最後の「インストール」ボタンまで、ずっと「次へ」を押しておけばいいです

もし自宅のパソコンでインストール権限が無い場合には、インストーラ無しの「通常圧縮版」をご使用ください。圧縮ファイルを展開することができれば適切な場所(おまかせします)にフォルダ毎(ここ大事)本ツールを置いてください。

一応32bit版と64bit版の対照表を書いておきます。

ファイルタイプ 32bit版 Windows 64bit版 Windows
64bit版インストーラ ×
32bit版インストーラ
通常圧縮版

 アンインストール

インストーラを使ってインストールした方は、Windows の「プログラムの追加と削除」または「プログラムのアンインストール」に iTunes おやすみタイマーという項目が出来ているはずです。その項目を選んで「アンインストール」してください。

インストーラを使わなかった方は通常圧縮版を使っているはずですので、展開した際に配置した iTunesSleepTimer をフォルダ毎まとめて削除してください。

iTunes おやすみタイマーの基本操作

本ツールには2種類の機能があります。「おやすみタイマー」と「おはようタイマー」です。

 おやすみタイマーの基本操作

そろそろ寝ようかと思ったときに次の5つの操作を順に行ってください。

  1. 本ツールを起動します。(iTunes が開いていない場合は本ツールから自動で開きます)
  2. 寝る前に音楽などを再生する時間を指定します。(?時間?分)
  3. 再生時間が終わったときに、再生を「中断」するか「終了」するかを選んでください。
  4. 再生時間が終わったときに、Windows を「変更しない」「スリープする」「休止状態にする」「シャットダウンする」から選んでください。
  5. 「スタート」ボタンを押します。

おやすみ操作

 おはようタイマーの基本操作

上の画面の左下にある「おはようタイマーを使う」にチェックを入れると下の「おはようタイマー動作モード」になります。

本ツールの流れとして、おやすみ機能を使った後でおはよう機能を使うことになります。

そのため、次の5つの操作を順に行ってください。

  1. まず、おやすみ設定をします。
  2. 「おはようタイマーを使う」にチェックを入れます。
  3. 起床時間を指定します。
  4. その他の設定項目をセットします。
  5. 「スタート」ボタンを押します。
おはよう操作

おはようタイマーで目覚めたら「おはよう!」ボタンを押してください。

 使い方のヒント

いつも使う設定内容を保存しておきたい

画面内の項目をいつも使う値に設定して、「規定値として保存」を押すと設定内容が保存されます。

次回起動時に保存した内容が表示されるようになります。また、おやすみタイマー実行時の「リセット」ボタンを押すことで保存した内容に戻すことが可能です。

おはようタイマーだけ使いたい

おやすみタイマーの設定時間を0時間0分とし、スタートボタンを押すと、おはようタイマーだけが使えます。

この時、Windows の状態をスリープ・休止状態としていると、スタートボタンを押した直後にWindowsが閉じますので注意してください。

休止状態などから復帰できるんですか?

できます。おはようタイマーはスリープと休止状態から復帰して動作します。

シャットダウンからの復帰は出来ません。

 完全アンインストール

作者である私もそうですが、アンインストールしても「まだゴミが残ってるんじゃないの~?」とキレイ好きもしくは気になる方へ。

はい!残っている可能性があります。%LocalAppData%\nao4u\iTunesSleepTimer をフォルダ毎削除してください。

具体的な例としては、Windows Vista 以降 7, 8 では
   C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\nao4u\iTunesSleepTimer
となります。

ちなみにレジストリには一切書き込みをしていません。積極的に使ってはいないという意味です。 ただし受動的に Windows が勝手に書き込む分はどうしようもないので諦めていただくのが正解かと思います。 いやそれはイヤだという方は専用ツール(regeditなど)で"iTunesSleepTimer"をキーワードに検索・削除してください。(自己責任でお願いします)